2017年01月11日

拗ねたように聞く



 そして、ユノが帰ってくる日、チャンミンは久しぶりにユノに逢える嬉しさと、どうし

ても思い出してしまう不安な気持ちを抱えながら、時を過ごした。

「ただいま~チャンミナ~」沢山の荷物を抱えて、ユノが帰ってきた。

「おかえり、ヒョン」荷物を受け取り、部屋に入ろうとするチャンミンの腕をつかみ、引

き寄せキスをした。ひとしきり唇を激しく交わし、ようやく満足したように離れたユノは

改めて、チャンミンをきつく抱きしめ、耳元で「逢いたかった」と囁いた。

 フーっと溶けていくチャンミンの心、「あーヒョン…」ユノの肩に顔を埋めた。

しばらく抱き合った後、ユノは片手でチャンミンの肩を抱き、部屋に向かいながら

「なぁーチャンミン聞いてくれよ!…」楽しそうに話し出した。

ソファに引っ付いて座り、ユノはチャンミンの手を撫でながら、アメリカのみやげ話をし

た。ユノに撫でられるチャンミンの手が、初めはくすぐったいだけだったが、執拗に撫で

られるうちに次第に違う感覚に変わっていった。

 その感覚が恥ずかしく、チャンミンは手を引っ込めようとしたが、ユノに止められ、ま

たしつこく撫でられた。

 段々とユノの声が遠のいていく。

「……  ッンハ…」たまらずチャンミンはユノの肩に頭をのせた。

「…  ん?チャンミナ…もう待ちきれなくなった?」

「ち!!違うよ!!」チャンミンは真っ赤になってパッとユノから離れた。

「なんだ、違うのかよ。やっとチャンミナから来てくれたのかと思って、喜んだのに」

そう言って、ユノはチャンミンを引き寄せ耳を舐めだした。

「……  ァ ……」

「シャワー一緒に行く?」卑猥な音を立てて舐めながら、ユノは聞いた。

「嫌だ!」冷たく言い放つチャンミンにユノは

「なんでだよ!」。

「すぐに立ってられなくするくせに、我慢して立ってろ!って……あれ……辛いんだから

な!」チャンミンはユノから目を逸らせて、怒ったように訴えた。

 ユノは目を細めて、愛おしそうにチャンミンの顎を持ち、自分の方に向かせて、おでこ

をコツンとあわせ

「あの時のチャンミナが最高に可愛いのに」そう言って、キスをした。

「じゃぁ仕方ない、一人で浴びてくるか…チャンミナ シャワー浴びた?」

「うん」少し照れたように頷いたチャンミンに

「やっぱり準備万端じゃん!!」そう笑ってユノは浴室へと消えた。











Posted by maizi at 11:18│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。